忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅の途中、病に倒れるゲルダ。薬草を探しに一人森に入ったラギもまた熱を出し、崖から転落してしまうのだった。二人が危機に陥っていた同じ頃、カイは女王の城で楽しそうに歌いながらパズルに熱中していた。
なんかこう、仕方ないとはいえ毎週のゲルダの苦労の旅を見ているとカイの脳天気さにハラ立ってきますな(笑)。まぁ旅の終わりに、人間的に大きく成長したゲルダと成長のない(と言うかむしろ退化している?)カイがどんな再会を果たすのか楽しみであります。

さて今回はいろいろと物語の核心に迫る内容でありました。
ゲルダが語る英雄ホルガーの伝説が雪の女王のホルガーへの思慕の情とリンクし、また女王と(風の化身改め)愚か者との因縁も少し明らかになりました。一方ラギの辛い過去も語られました。予想はされていましたがやはり部下達を死なせてしまったその時、ラギは雪の女王と出会っていたのですね。ラギの旅の最終的な目的は、やはり雪の女王に再び相まみえることなのでしょうか。女王もまたラギのことを気にしている様子。ラギと英雄ホルガーの関係は? 狼ホルガーは単に英雄の名を付けられただけなのか? ラギと女王の再会もまた楽しみになってきました。

それにしても初期には完璧超人にも思えたラギが徐々に人間的な弱さを見せていってくれているのがとても良いですね。かつてゲルダに言った励ましの言葉、それは本当は自分に向かって言っていたのだ。ゲルダという旅の仲間を得るまで、ラギの心情はいかばかりだったのか。ラギもまた、これまでに登場した街の人々と同様にゲルダによって救われていたのでしょう。
でもってエンドクレジットでも「風の化身」から「愚か者」にクラスチェンジしていた雪の女王因縁の敵。コッチの戦いの結末もどうなりますか。しかし女王の城を守る結界と巨大な対空砲の群れ。まるで光子力研究所みたいでいいなぁ(笑)。予想外の物理的(に見える)な攻撃に笑ってしまいました。

さて、本シリーズは全39話でしたっけ。2/3が終了したわけですが、物語はいよいよ終盤戦。この後登場が待たれる盗賊の娘話もあるし期待です。まぁ、これだけ面白い作品の終わりが近づきつつあるというのは寂しくもあるのですが。

しかし、今日のはそんなあからさまな泣きのドラマでは無かったはずなのになんだかジンときました。ゲルダの優しさと力強さ、ラギの思いやりの心、見ていて泣けてくるのですよねぇ。演出の上手さもあるのでしょうけど・・・なんかこう優しさに飢えているのかなぁ・・・(苦笑)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
風の化身って、いつのまにか「愚か者」になっちゃったんですね。
私もお城の防犯設備の充実さに笑ってしまいました。
セコムにでも入っているのでしょうか。
すな URL 2005/11/21(Mon)21:31:23 編集
無題
>すなさん
あの対空砲、私的には「雪玉発射機」だったらいいなぁって思っています。絵的にもそんな感じでしたし(笑)。
で、もちろん中には氷の塊入り。
愚か者「ちょ、それルール違反」
はまりん 2005/11/23(Wed)12:22:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
雪の女王 第26話
NHKアニメ劇場「雪の女王」<オリジナルサウンドトラック>サブタイトル「ホルガー伝説」 ラギがこんなに重要人物だったとは! 以下詳細***********
URL 2005/11/23(Wed)06:24:36
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]