忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちゅうわけでシリーズ最新作「悪魔の手毬歌」放送。
感想はと言うと、まぁ今までと同じく頑張ってはいるけど勿体ない出来ってところですか。

市川崑版やTV横溝正史シリーズ版と比べるのは酷なんでそこは置いとくとして・・・
俳優陣はまずまず頑張っている方、だけど脚本と演出と音楽に難あり。
妙に細かいところで原作に拘っているわりに大事な部分をスルーする脚本がまず不満。前作「笛を吹く」でも一番の見せ場の密室殺人を無かったことにしたりしてましたが、今回もお庄屋と金田一の関わりの部分を大きく削除したために序盤の事件への入りがまったくもって印象の薄いものに。そして本編随所に星護氏得意の(本人はイケてるつもりらしい)安い演出が炸裂。折角お金かかったセット組んだりしてるのに、ドラマはどんどん安い方向へ。「トリック」とはまたタイプの違う作品だといいかげん理解していただきたい。
さして音楽、ひどかったですね。BGMもアレでしたが、メインの手毬歌の曲もひどかったですね。過去作品のとは違った線を目指したのでしょうけれど、ここまで緊張感のない曲になってしまうなら、過去作の手毬歌をそのまま使った方がはるかにましかと。

ところで前作「笛を吹く」のラストで磯川警部の名を出して期待させておきながら、今回結局磯川警部を出さずに橘署長にその役をやらせたのは何のつもりですかね。
それにしても序盤で鬼首村の村人たちが狂ったように「青い山脈」を歌い続けるのにはどうしようかと思いました。ここはきちがいしか住んでいない村かと気持ち悪くてねぇ。そんな意味のない部分で怖がらせてどうする星護。
とりあえず前作「笛を吹く」と前々作「女王蜂」よりはましだったと思うんでシリーズベスト3には入りましたが、まぁ見終わって満足と言うには物足りなすぎるかと。そこらのTVドラマに比べてはるかに贅沢な作りのこのシリーズなんでどうしても毎回期待してしまうし、ホントまた次回があるなら頑張ってくださいよ。笑えるシーンがあるのは大いに歓迎ですけど、安い失笑もののギャグはいらないんで。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]