忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の頃、SFというものの面白さを教えてくれた映画が名匠ロバート・ワイズ監督の「アンドロメダ…」(1971)でした。その面白さと緊張感。以降TVで放送される度に繰り返し見、後に読んだ原作小説もまた本当に傑作で着実にSF者への道を歩ませてくれる切っ掛けとなったものでした。その原作者、マイケル・クライトン氏が今月4日に亡くなられたそうです。

・バラエティ・ジャパン
『ジュラシック・パーク』原作者マイケル・クライトン死去
http://www.varietyjapan.com/news/ofdeath/2k1u7d00000fzs5s.html


今では「ジュラシック・パーク」(1993)シリーズの原作者として有名でしょう。また作家と同時に映画監督としても「ウエストワールド」(1973)「未来警察」(1985)等、楽しませていただきました。まだまだ若く、これからも楽しませて頂けると思っていただけに66歳という早すぎる死去は残念でなりません。心よりのご冥福を。


PS.梅田ブルク7にて「まぼろしの邪馬台国」と「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」を見ました。感想はまたそのうち。
PR
先日の緒形拳さんに続き、また一人得難い俳優さんが亡くなってしまいました。峰岸さんのお名前を覚えた最初は「ねらわれた学園」(1981)での魔王子の凄まじくインパクトのある役からだったでしょうか。それ以前の「瞳の中の訪問者」(1977)から、大林宣彦監督作品ではお馴染みの顔でありました。その他数多くの作品に出演されていましたが、「ゴジラVSビオランテ」(1989)で単身ゴジラに立ち向かう権藤一佐なども好きな役柄でした。本当に上手いバイプレイヤーだった峰岸さん、65歳の若さで亡くなるとは残念でなりません。心よりのご冥福を。


・毎日jp
峰岸徹さん:肺がんで死去 7カ月に及んだ闘病生活
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20081013spn00m200007000c.html
・読売ONLINE
俳優の峰岸徹さん死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20081013-OYT1T00298.htm
・朝日.com
「廃市」「高校教師」 俳優の峰岸徹さん死去 65歳
http://www.asahi.com/obituaries/update/1013/TKY200810130127.html
・産経ニュース
俳優の峰岸徹さん死去、肺がんで
http://sankei.jp.msn.com/obituary/081013/obt0810131136000-n1.htm
俳優緒形拳さんが今月5日に亡くなられていたそうです。緒形拳さんは今の日本俳優の中でも最も好きな俳優さんでした、また時代劇を演じられる今では貴重な俳優さんでした。最初に緒方さんを意識して見たのはNHK大河「峠の群像」であったでしょうか、正直当時でも見飽きたところのあった「忠臣蔵」を圧倒的な演技で引っ張っていました。そして映画「将軍家光の乱心 激突」(1989)や「座頭市」(1989)での素晴らしさ。「砂の器」(1974)「魔界転生」(1981)での存在感。「仕掛人梅安」のシリーズも楽しゅうございました。71歳での死去は若すぎだし、また邦画界が得難い名優を失ってしまったことが残念でなりません。一方でこれまで数々の名演技を本当にありがとうございましたという気持ちで一杯です。お疲れ様でした。ご冥福を心よりお祈り致します。


・読売ONLINE
俳優の緒形拳さん死去、71歳
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20081007-OYT1T00169.htm?from=main5
・毎日jp
訃報:緒形拳さん71歳=「楢山節考」「鬼畜」など演じ
http://mainichi.jp/select/today/news/20081007k0000m040152000c.html
昨年役者を引退したポール・ニューマンさんでしたが、今月26日に亡くなられていたそうです。「スティング」(1973)や「タワーリング・インフェルノ」(1974)での演技、作品も含めて大好きでした。ヒーロー然としたキャラクターではなく、どこか普通のおっさんなイメージが好きでしたよ。ホントに良い役者さんでした。ご冥福を。


・朝日.com
ポール・ニューマンさん死去 「明日に向って撃て!」
http://www.asahi.com/obituaries/update/0927/TKY200809270187.html
・読売ONLINE
「明日に向って撃て!」のポール・ニューマンさん死去
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080927-OYT1T00711.htm?from=nwla
・毎日.jp
訃報:ポール・ニューマンさん 83歳 死去=米俳優
http://mainichi.jp/select/person/news/20080928ddp041060012000c.html
「いゃあ、映画って本当にいいもんですね」

10日、映画解説でおなじみの水野晴郎さんが亡くなられました。76歳。
最近ではTVの洋画劇場での映画解説者というのはすっかり見なくなりましたが、昭和の頃には多くの解説者の方が活躍していました。その中でも淀川長治さんと並んで大好きだったのが水野晴郎さんでした。とにかく映画を見るのが楽しくなる解説。映画が好きで好きで堪らんというのが伝わってくるのですよ。
25年に渡って「水曜ロードショー」→「金曜ロードショー」の解説を務め、映画好きが高じて後年には私財を投じて自ら映画作りを開始。自らの監督主演による「シベリア超特急」シリーズは作品の出来こそ評価に窮するような映画でしたが、でも全編から映画が好きなんだって気持ちが伝わって楽しく見られたものでした。

数年前までは関西ローカルのサンテレビの洋画劇場で解説をしていまして、映画の内容よりも解説が楽しくて見るということもよくありました。その映画枠が無くなった後も、どこかでまた映画解説者として登場してくれるのを心待ちにしていたのです。最近また「シベ超」シリーズの最新作に着手するとの話を聞いていて、元気だなぁと感心していたばかりだったのですが・・・。最後のホンモノの映画解説者が居なくなってしまったこと、本当に本当に寂しく思います。映画が本当にいいもんだと教えていただいたこと、心より感謝しています。


・読売ONLINE
映画評論家の水野晴郎さん死去
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20080611-OYT1T00457.htm
・産経ニュース
映画評論家、水野晴郎さん死去 来月、新作発表行う予定が
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080611/crm0806111256020-n1.htm
・毎日jp
訃報:水野晴郎さんが死去 映画評論家、76歳
http://mainichi.jp/select/today/news/20080611k0000e040069000c.html
・asahi.com
「映画って本当にいいもんですね」 水野晴郎さん死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/0611/TKY200806110129.html

俳優チャールトン・ヘストンさんが5日、亡くなったそうです。84歳。

「十戒」(1956)「ベン・ハー」(1959)等の過去の名作はもちろん、私にとっては'70年代を代表する「顔」のお一人でした。ことに「エアポート'75」(1974)「大地震」(1974)を中心としたパニック大作での安心感をたたえた骨太なキャラクターは本当に好きでした。「猿の惑星」(1968)や「ソイレント・グリーン」(1973)「地球最後の男 オメガマン」(1971)といったSF大作での演技も印象に残るものでした。他にも好きな作品は多々ありますが、映画の面白さで言うなら「黒い絨氈」(1954)「地上最大のショウ」(1952)なども忘れることができません。
近年は全米ライフル協会の会長としての方面で取りざたされることが多かったものですが、存在感のある本当に良い俳優さんでした。数々の興奮をありがとうございました。

・読売ONLINE
チャールトン・ヘストンさん死去、映画「ベン・ハー」など
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080406-OYT1T00248.htm
・産経ニュース
「十戒」のモーゼ役…C・ヘストン氏が死去
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080406/amr0804061403006-n1.htm
銃規制反対のシンボルヘストン氏死去
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080406/amr0804061923008-n1.htm
・朝日.COM
チャールトン・ヘストン氏死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/0406/TKY200804060059.html
・毎日jp
訃報:米俳優のチャールトン・ヘストン氏が死去
http://mainichi.jp/select/today/news/20080406k0000e030024000c.html

ニュースによると今月3日に広川太一郎さんが亡くなられていたそうです。洋画やアニメの吹き替えにナレーションに二枚目から三枚目まで自在にこなして活躍し、独特の流れるようなセリフ回しにアドリブの数々が楽しい素晴らしい声優さんでした。68歳という早すぎる逝去は本当に残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。

・産経ニュース
二枚目俳優吹き替えで人気の声優、広川太一郎さんが死去
http://sankei.jp.msn.com/obituary/080308/obt0803081028001-n1.htm
・スポニチ
声優・広川太一郎さん死去
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20080308008.html

思えばこれで、「宇宙戦艦ヤマト」の古代兄弟の中の人がお二人とも亡くなってしまったのですねぇ。

先日のロイ・シャイダー氏に続き、また大好きな映画関係者が亡くなってしまいました。それも市川崑監督が・・・。私に日本映画の面白さをたたき込んでくれた監督さんでした。老いてなを精力的に新作を作り続け、そして出来不出来はあってもいつも力強い作品を撮る監督さんでした。近年は新作の度にこれが最後になるかもと思いつつ、でももう一本もう一本撮ってくださいと祈っておりました。リメイク「犬神家の一族」(2006)の制作あたりから車椅子生活というので心配はしていたのですが。
92歳は普通なら大往生というところですが、日本映画最後の大御所監督がもう居なくなってしまったのだと思うと寂しくてなりません。数々の映画をありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。

・産経ニュース
映画監督の市川崑さん死去 (1/5ページ)
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080213/tnr0802131845011-n1.htm
・読売ONLINE
市川崑監督が死去、92歳…「ビルマの竪琴」「鍵」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080213-OYT1T00490.htm
・朝日.com
映画監督の市川崑さん死去
http://www.asahi.com/obituaries/update/0213/TKY200802130274.html

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]