忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、本日の木曜洋画劇場にてリメイク版「オーメン」(2006)を見ました。初見。

「オーメン」(2006)
THE OMEN


そもそもオリジナルの「オーメン」(1976)は名匠リチャード・ドナー監督の骨太な演出がかっちり決まり、役者音楽等その他の要素も高いレベルで揃えた傑作。ただ見終わった後に激鬱になるのでなかなか見返せないのが難なのですが。そんなわけでこのリメイク版もなかなか良い出来とは聞きつつ結局今まで見過ごしてきたわけですが、まぁTVでやるなら一辺くらい見ておくか、と。
結論としては・・・一本の映画としてはまずまず良い出来。しかしリメイク版としてオリジナルと比べるなら、あらゆる要素において劣化コピー。リメイク映画にはありがちですが、オリジナルの出来が良すぎると辛いやね。
脚本はほぼオリジナルに準拠。つか同じ人なんですけど、リメイク用に本人が書き直したのかな? しかしここまで同じ内容だと監督のジョン・ムーアさんとしてはつまらないのではないか。しかもオリジナルのドナー監督の力量とはっきり比較されてしまうのはお気の毒。まぁそんな負け試合の中で頑張った演出であったとは思います。
キャストも、オリジナルの大使夫妻グレゴリー・ペックとリー・レミックが素晴らしすぎたこともあって激しく見劣り。リーヴ・シュレイバーは良い役者さんとは思うんですけど、相手が悪すぎでした。ただベイロック夫人に扮したミア・ファローの熱演は見物。撮影当時61歳くらいですか、見えねぇ。「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)、懐かしいですな。
今回一番のガッカリポイントは音楽ですかね。マルコ・ベルトラミさんの音楽は緊張感が無く・・・て言うかこれもオリジナル版でのジェリー・ゴールドスミスの音楽があまりに素晴らしすぎ(「オーメン」でアカデミー作曲賞受賞)なんで勝負にならないというところ。神父が串刺しになるまでのシークエンスなど、オリジナルでの緊張感溢れまくる画面と比べて音楽一つでこれほどまでに受ける印象が変わってしまうかと驚きでもあります。

つーわけで、まぁ今回に限らず名作のリメイクってのはスタッフ・キャストの頑張りにもかかわらず、たいていの場合むくわれない結果に終わってしまうのはどうにもお気の毒と言いますか。なんか一本の映画に掛けた労力を思うと、勿体ないなぁって思ってしまうのでした。

放送記録:2008年11月27日PM9:00~10:54TV大阪「木曜洋画劇場」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]