忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子供の頃、SFというものの面白さを教えてくれた映画が名匠ロバート・ワイズ監督の「アンドロメダ…」(1971)でした。その面白さと緊張感。以降TVで放送される度に繰り返し見、後に読んだ原作小説もまた本当に傑作で着実にSF者への道を歩ませてくれる切っ掛けとなったものでした。その原作者、マイケル・クライトン氏が今月4日に亡くなられたそうです。

・バラエティ・ジャパン
『ジュラシック・パーク』原作者マイケル・クライトン死去
http://www.varietyjapan.com/news/ofdeath/2k1u7d00000fzs5s.html


今では「ジュラシック・パーク」(1993)シリーズの原作者として有名でしょう。また作家と同時に映画監督としても「ウエストワールド」(1973)「未来警察」(1985)等、楽しませていただきました。まだまだ若く、これからも楽しませて頂けると思っていただけに66歳という早すぎる死去は残念でなりません。心よりのご冥福を。


PS.梅田ブルク7にて「まぼろしの邪馬台国」と「劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン」を見ました。感想はまたそのうち。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]