忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ数年、漫画雑誌というものをすっかり買うことがなくなりました。気に入った作品のみ立ち読みするくらいですね。そんなわけですっかり新たな作品の新規開拓を怠ってしまっているわけで、おかげで購入する単行本の数も減りました。
でまぁ、それでも新規開拓の一環として、アニメ作品で気に入ったのがあると原作にも手を出してみるというのがあります。比較的最近ので言えば「ブリーチ」「金色のガッシュ」「エアマスター」「焼きたてじゃパン」あたりですか。しかし最近これら4作品がことごとく原作の展開がグタグタになりつつあります。やっぱ長く続くとダメになっていく確率が上がりますわな。そうそう面白いネタが無限に溢れ出るわけでもないし、特にアニメ化すると作者の忙しさもハンパではなくなりますし。
それでも「金色のガッシュ」はかなり健闘している方でしょう。「エアマスター」はそれでも時々光る回がありますし、終わりも近いようなので見事なラストを期待しています。現状最悪なのは「ブリーチ」ですかね。その場その場の見せ場にばかり気を遣って全体の整合性を放棄しているぽいのが辛いところ。て言いますか、過去に自分の描いたことを忘れてるんじゃないかなぁと思うこともしばしば。とにかく「完全催眠」の一言でそれまでの伏線を全てうやむやにしてくれた衝撃以来、なかば惰性で読んでますけどね。ああ、アニメの方でももうすぐですか、完全催眠。アレをアニメ化しなくちゃいけないとはアニメスタッフも大変だなぁ(笑)。

keniche017 で、何か新たに面白い漫画を読みたいなぁと思っていたところで以前に友人から薦められていた「史上最強の弟子ケンイチ」を読んでみました。本屋でも単行本を見かけて気にはなっていたんですよね、あの表紙を飾るレオタード姿の巨乳少女に(笑)。正直言ってエロい体型の萌え系少女格闘漫画みたいなありがちなものだと興味ないなぁって思っていましたが、いやいや予想とは違ってその上面白いじゃない。一気に17巻まで読破し、前身に当たる「戦え!梁山泊 史上最強の弟子」全5巻まで読んでしまいました。

正義感はあるけれど気が弱いいじめられっ子の少年が一念発起してとある武術道場に入門し、才能の無さを努力でカバーしながら地獄の特訓を耐えつつ強くなっていくという物語。と、こうして書いてみるとこれもわりとありがちっぽいですが、とにかくどの登場人物もキャラがしっかり立っていて物語をぐいぐい引っ張っていっているのがイイ。特に弟子ケンイチに師弟愛を注ぎながら死ぬ寸前までの地獄の特訓を繰り返す「史上最強」の師匠連中の立ちまくったキャラが最高に楽しいのですね。
ギャグのテンポもいいしキャラも魅力的で、これはなかなかいい作品に巡り会えたなぁ、と。
なんだか単行本も売れていて人気は結構あるそうで、それはそれで喜ばしいわけですが、そうなるといずれアニメ化するだろうことがちょっと心配ですね。もちろんしっかりとしたアニメを作ってくれればそれはもちろん嬉しいのですが、そのことをきっかけに上記作品達のように変なことにならないでくれればいいのですが。

ところで女性キャラもそれぞれ魅力的なわけですが、私的にはケンイチの妹ほのかちゃん、女師匠しぐれさんが特によろしいです(笑)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]