忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、本日の日曜洋画劇場は「LOVERS」(2004)でしたね。
すっかり忘れてましたよ・・・orz
まぁでも、今日は「雪の女王」だけでお腹いっぱいに楽しめましたからいいでしょう。

「雪の女王」第24話「パラダイスの園」

ついに本性を現す風の化身と雪の女王が相まみえる、一大巨編でありました。

序盤、一人沐浴をする雪の女王の普段とは違うリラックスしたような優しい表情、その美しさにまず見惚れます。しかしその頃、女王の留守を見計らって進入した風の化身が、ついにカイを女王の城から連れ出してしまったのです。帰城した女王はカイを狙っていた者の存在をはっきりと確認し、すぐさまその後を追うのかと思いきや・・・なんとそこでバトルコスチュームへと着替えるのでした。
全身に鎧を纏うバトルモードへと変身する女王。先ほどのたおやかな美しさとは一変したりりしさ格好良さにまたしても見惚れます。
楽しいパラダイスの園へ行こうとカイを誘い出した風の化身。二人が風になって空を飛ぶシーンは実にファンタジックで楽しさに溢れています。しかしカイは風の化身によって闇の底で永久の眠りにつかされようとするのです。カイを眠らせ闇へと連れ去ろうとする風の化身。しかしその前に雪の女王が立ちふさがりました。
ランスを振りかざす女王と、シルクハットを二振りの剣に変えた風の化身の雪上での決闘。
ここいらで、はて?今見ているのはなんのアニメだっけ?と確認したくなります(笑)。

ついに風の化身を圧倒する女王。風の化身は再戦を期して去っていくのでした。
一方ゲルダとラギは、狼の群れが徘徊する森の中で野宿をしていました。ふと、眠りに落ちてしまうラギを見やって森の中に歩み去っていくホルガー。翌朝ホルガーは全身に傷を負いながら帰ってきたのでした。自分たちを守ってくれたのだと知ったゲルダはホルガーに抱きつきながら涙を流したのでした。
カイを守るために戦った女王と、ゲルダとラギを守るために戦ったホルガーの対比は今後何らかのドラマを産むのでしょうか。

いやしかし、全編気合いの入った作画で、しかもこれほどに迫力あるバトルを「雪の女王」で見ることになるとは思いませんでした。毎回良い意味で先の読めない、ある意味何でもありな展開がこの作品の大きな魅力だなぁって改めて思います。そしてその何でもありな物語をしっかりと空中分解することなくまとめ上げる出崎監督の力量。
今回も思いもよらない展開に大笑いしつつ、ラストのホルガーにしっかりとホロリとさせられてしまいました。
これまでのゲルダの旅が中心の展開から、今回大きく雪の女王とカイ側のドラマが動き、ますます今後が楽しみになってきましたよ。

さて次回はいよいよ人魚姫です。
「マッチ売りの少女」でもマリアのキャラクターデザインに驚かされましたが、今度の人魚姫の少女も予告で見て予想もしないデザインに驚いてしまいました。このこれまでのイメージを覆す少女がゲルダと共にどんな物語を紡ぐのか、期待されます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]