忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜の「リアルで怖い話」の続きです。
そう言えばここのところ中国産食品の問題がいろいろあったなぁ、と思ってちょっと集めてみました。

中国産輸入ウナギに抗菌剤
http://www.caloricdiet.com/special/articles/eel_antibiotics.html
下水でプーアル茶製造!?「ニセ熟成茶葉」工場
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0728&f=national_0728_003.shtml
蘇州:緑茶葉から毒性強い「クロムグリーン」検出
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0423&f=national_0423_001.shtml
中国ビールに有害成分? 輸入業者に事実確認求める (共同通信)
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/beer.html?d=12kyodo2005071101005218&cat=38&typ=t

他にもあった気もしますが、とりあえずこんな感じ。
・・・農薬浸け野菜だけでなく、こりゃ何も食べれません飲めませんという感じですか・・・。

さて、ところがですね、これらよりはるかに恐ろしいニュースが流れていました。

四川省のブタ感染病、エボラ出血熱の疑いも
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d19811.html

記事の概要はこんな感じですか。
●ブタ連鎖球菌と発表されている中国四川省で多数の死者を出している感染症は、実はエボラ出血熱の可能性が高い
●検査に関わった医師によると、ペストの関連ウイルスとエボラウイルスが検出され、ペストが誘発したエボラ出血熱ではないかと判断。。
●多くの分析家は四川省の伝染病ウイルスは、海外のメディアが報道した今年2月から中国南部の深セン市周辺で発生したEB-SZ77型エボラ出血熱ウイルスと認識している。
●エボラウイルス感染はすでに中国各地で蔓延しているが、中国当局はエボラ出血熱に類似する症例の報道は一切禁止するらしい
●人間の生存状況、環境汚染、政治腐敗などの問題が暴かれ、中国の国際イメージが壊される恐れがあるので、中国政府がWHO(世界保健機構)の介入を拒むと思われる

何と言うか・・・むちゃくちゃ怖いんですけど・・・。

エイズ、SARS、鳥インフルエンザの蔓延に続いて、ついにエボラですか・・・。加えてペストも?
この記事の信頼性というのは私には分かりませんが、しかしもしこれが事実だとした時、日本にも飛び火する可能性が高いことを考えるとゾッとします。
アフリカ発祥のエボラ出血熱はご存じの方も多いでしょうが、バイオハザードレベル4(最高レベル)の恐怖のウィルスです。
感染力も強く、感染致死率は実に80パーセント以上。内臓が溶け出し、その名の通り全身から血を噴き出させながら死に至ります。
かつてエボラを思わせるウィルスによるバイオハザードの恐怖を描いた劇映画「アウトブレイク」(1995)がありました。その劇中では危機一髪でワクチンが間に合い人類は救われるわけですが、現実のエボラウィルスには今もって謎が多く、もちろん治療法もありません。そして中国政府はこうした感染被害を「秘密裏に処理(((( ;゚Д゚)))」しようとしている(らしい)、と。

しかし何だ、この国で3年後にオリンピックが開催されるのか・・・。

さて、日本政府ではこうした中国の環境汚染や感染症被害をどの程度までつかんでいるのでしょう。
昨月7月の25日より、日本政府は中国のビザ発給地域を中国全域に広げました。

中国全域にビザ発給拡大 日本政府、旅客増に期待
http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/keizai/20050725/20050725a2790.html

これはそもそも愛知万博期間中のみの処置でその後のことは様子を見てとの話だったにもかかわらず、公明党の北側国土交通大臣が手みやげ代わりに中国に持って行って前倒しした結果です。

【中国】 日本への団体旅行、25日から全土に拡大[観光]
http://news.goo.ne.jp/news/nna/kokusai/20050704/20050704cny003A.html?C=S

少なくともブタ連鎖球菌の被害が伝わり始めた頃から一部でエボラの可能性は取りざたされていました。エボラが事実なら日中の渡航を禁止しなくてはなりません。またエボラで無いとしても、すでに40人以上の死者と200人ほどの感染者を出している(中国発表)伝染病が今も被害を広げつつある現状なら検疫体制と中国からの渡航者の厳重チェック体制を整えなくてはならないのが今でしょう。ところが逆にビザ拡大・・・。
すでに大量の中国人旅行者が日本にやって来つつあります。そしてすでに多くの旅行者が日本で姿を消しています。こうした旅行者の振りをした不法入国者による犯罪の多発も心配しなくてはならない上に、恐ろしい伝染病の不安も大きく高まっているのです。
でも少なくとも北側氏に危機感は無いようです。もしくは日本国民の命より中国の顔色を伺う方が大事だと判断したのでしょう。

願わくばこの記事が間違いでありますように。



重い話でしたので、ちょっとアニメの話でも。
今日の「BLEACH」ですが、作画も気合い入っていましたし、声優さんの演技も見事でかなりワクワクさせてもらいました。
特に12番隊隊長涅マユリに声を当てる中尾隆聖さんの存在感ありまくりの演技と声は素晴らしい。バイキンマンスゲーーー!と(笑
それにしても今日のエピソードは原作でも特にエゲツナイと評判だった話で、厳しいと評判のテレ東規制の中でどこまで描けるかと心配していましたが、ほぼ原作通りの展開に逆に驚いてしまいました。
人間爆弾も涅マユリの娘虐待も、石田雨竜の祖父の生首写真も有り。特にマユリの涅ネム虐待シーンは声優さんの熱演も相まってかなりクルものが(笑)。
確かに規制そのものは必要とは思いますが、個人的には厳しすぎる自主規制は自らの首を絞めるばかりだし、もう少し視聴者を、子供を信用しなよとも思います。
でも今日の放送を見た親御さん達から、また大量のクレームが行ってるのだろうなぁ。フィクションであるアニメに文句付ける前に、フィクションと現実を混同しないような子供に育てをしましょうよ。てか、自分の子供がそんなに愚かだと思ってるのかな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おはようございます!
しつこく、またお邪魔してしまいました!
「BLEACH」見てます。
確かに昨日のは、ちょっと残酷に思いましたが、話の設定が(彼ら、彼女は作られた人間?ですか)設定だったので、なるほど・・・すごい隊長だっと思いましたが(ーー;)。
中国の問題は・・・怖すぎます。
かおちゃん URL 2005/08/03(Wed)09:42:17 編集
無題
>かおちゃんさん、こんにちは。

本文でも書いた通り、残酷すぎる暴力描写についてはあって良いし、また無くてはならないと思います。
ただ今のTV局の自主規制は信念に基づくものではなく、ただただ視聴者からのクレームを恐れるばかりのものなのが気になります。このまま自主規制が厳しくなっていけば視聴者にとっても制作側にとっても不幸なことであると思います。
「BLEACH」は、キャラクター作り最高、見せ場作りも上手い、でもストーリー展開にかなり難あり(笑)。てな感じで、でも楽しく見ています。
はまりん URL 2005/08/03(Wed)23:27:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]