忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とにかく派手、かつ大味なスパイアクションでした。

「007 ダイ・アナザー・デイ」(2002)
DIE ANOTHER DAY

なんつーか、一昨日見た「トリプルX」と同じ年の制作なんですけど、見終わった印象が似たり寄ったりで困ってしまいます。
まぁ今作に限った話ではなく、007シリーズもすっかりそこらのアクション映画のパターンに飲み込まれてしまったようで。確かに周りのアクション映画がどんどん派手になって007に追いついてきたというところはあるわけですが、007ならではの味や洗練されたオシャレ感が無くなってしまったのが寂しい。普通のアクション映画として見れば並以上に面白いのは確かなんですけどね、それだけじゃ007である意味がない。
それと、不必要にハードなベッドシーンとか007に求めていませんから。

ボンドガールも(007シリーズ的に言えば)どんどんレベルが下がっているなぁと思いますよ。ハル・ベリーは女優としては好きな方ですが、ボンドガールとしてはなんともそぐわない。もう一人のロザムンド・パイクも含めて下品で愛嬌のないキャラクターに閉口します。まぁ80年代以降のこの手の映画のヒロインってのは「強い」「たくましい」女性が人気なのはわかりますがね、007くらいは見た人が憧れを抱けるようなヒロインでいて欲しい。
007というのは一種のお伽話的パターンであり、様式美が大事だと思うんですよね。世の中に迎合して、自ら007ならではの味を埋没させていってほしくないところですが。

さて物語は北朝鮮の将校が秘密裏に衛星兵器を作り上げ、クーデターを起こして韓国とその後ろにいるアメリカを粉砕しようとするお話。

公開当時北朝鮮が猛抗議をしたとかで話題になりましたねぇ。
しかし実際に見てみると、悪党として描かれるのはクーデターを起こした大佐とその取り巻きだけで、以外や北朝鮮そのものの描写はさほど悪い物ではありません。むしろ穏健派の将軍などは非常に理性的な人物として描かれていますし。
これに比べれば冷戦時代のソ連とか戦争映画のドイツなんかの描写はまさしく鬼畜。

ついでに当時は韓国も、映画終盤の農村の描写がまるで発展途上国のようだと抗議したそうでした。農民の人が水牛を引いているところにランボルギーニが落ちてきて水田に突き刺さってるというシーンですが、制作側としてはランボルギーニのエンブレムが水牛をデザインしているからというシャレのつもりだったそうで。ちょっと分かりにくいね(笑)。しかしそれはそれとしても抗議が好きだなぁ、あっちの人は。

しかし今回この映画を日曜洋画劇場で放送したというのはかなり意外でした。TV朝日と言えば中国、韓国、北朝鮮のご用メディアとして有名なわけで、そこで「北朝鮮や韓国が抗議した」映画を放送するのは勇気がいることだったと思います。
そしてその結果、舞台が北朝鮮や韓国だと思わせるようなセリフは全てカット。本来なら場面変更の際には出るはずのテロップも無し。舞台がキューバに移るとしっかりテロップ出るのにね。もちろん軍服などの知識が有れば画面からわかるのですが、そういう知識が無ければどこの国かわからないという仕掛け。
そのくせ、「日本は虫けらだ」なんてセリフはしっかり残ってるわけで・・・

流石です朝日さん。

そしてだめ押しに映画の後に出たテロップ。
「この映画はフィクションであり、実在のものとは関係ありません」とかなんとか。
思わず爆笑してしまいました。
今まで実在の国が悪役に描かれている映画を散々流してきても、こーんなテロップ入れたことは一度も無かったのに~(笑)。
そこまでビビッて気を遣いまくるなら、最初から放送しなければいいのにね。
朝日といえば以前の「パール・ハーバー」(2001)の放送も酷かったですね。音声弄って日本兵がハワイの一般人を気遣うシーンを消したり、元々悪意のこもった映画でしたがそれ以上に日本を極悪に描くことに腐心していました。

朝日さん、これからも中国韓国北朝鮮のため反日頑張ってください。

っと、話が映画からずれてしまいましたが、
いろいろ言いつつも007は子供の頃から大好きなシリーズでしたし、これからも続いて欲しいとは思っています。
毎回新作作ってるという話を聞く度に楽しみにしているんですよ、いや本当に。愉快なスパイ道具なんかを見るのも好きなのですが、でも透明自動車みたいな(こういうのが研究されていることは知っていますが、まだまだ実用化は無理みたいな)リアル感の欠ける代物は勘弁してください。
リアルと非リアルの狭間を上手く映像化しているような雰囲気がいいんですよねぇ。

放送記録:2006年01月15日PM9:00~11:25ABCTV「日曜洋画劇場」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
昔は派手なアクション映画と言ったら007位だったような気もします。現在他の派手な映画に埋没気味のポジションが悲しいですね。制作側も辛いでしょうなあ。(ロジャームーアとカジノロワイヤルが好き)
おだ 2006/01/16(Mon)20:08:28 編集
無題
>音声弄って日本兵がハワイの一般人を気遣う

米国公開バージョン(のTV編集版)なのかな?
日本公開時に日本に配慮したカットを追加したってニュースを聞いた覚えがあります。
きたじま 2006/01/17(Tue)12:32:06 編集
無題
>おださん
私もボンドと言えばロジャー・ムーアですね。どのボンドが好きかってのは年代によって大きく分かれると思われますが、やはり私らの年代だとムーア世代ですしね。
007シリーズは今ちょっと方向性を見失って迷走している気もします。次回作は「カジノロワイヤル」の2度目の映画化となりますが、なによりピアース・ブロスナンに代わっての新ボンドとなるダニエル・クレイグがこれまでにないタイプのボンド像を作ってくれそうなのが楽しみです。


>きたじまさん
日本公開版は一部配慮していたというのは知っています。ですが日本パイロットが遊んでいる子供達に逃げろと叫ぶシーンなんですけど、そのシーンそのものはあるのに音声だけ弄っていたなんてことがあるのかなぁ?
はまりん 2006/01/17(Tue)21:19:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]