忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かつて残虐な殺人事件が起こった時、度々ホラー映画がやり玉に挙がっては新作画日本公開されなくなったりしたものです。昨今はJホラーのブームもあったりして、まぁ相変わらずTVの洋画劇場枠では放送されませんが、少なくとも劇場公開やDVD化は普通に出来るようになって良かった良かったと。
で、ちまたでちょっと話題になっている近日公開のサスペンス・ホラー作品をご紹介。
その名も・・・

「変態村」(2004)

です。

何が凄いと言って、このタイトルのインパクトが凄い。なにしろ「変態村」ですよ「変態村」。
原題は「CALVAIRE」で、キリストが処刑されたゴルゴダの丘や路傍の十字架を意味する言葉だそうですが、それが何故か日本でのタイトルは「変態村」(笑)。
このタイトルセンスは素晴らしい。
例えばですよ、残念ながら本作の公開は東京のライズXとかいう劇場のみの単館ロードショーですが、これがもしシネコンなどでの公開だったとしたら・・・

「すみません、11時20分からの『変態村』、大人1枚お願いします」
「はい、11時20分からの『変態村』を1枚ですね。お席はどの辺りをお取りしましょうか?」
「そうですね、やはり『変態村』を観るなら前の方がいいと思うんで、A列かB列あたりでお願いします」
「はい、それでは『変態村』A列の8番が空いていますのでお取り致します」
ビ~~~~
「ただ今より予告に引き続き『変態村』を上映致します。どちら様も最後までごゆっくりと『変態村』をご鑑賞下さい」

などという楽しい状況がそこここで見られたわけですよ、「変態村」。
チケット買うのも勇気いるよね、「変態村」。
しかしまぁタイトルだけの話ではなく、内容も面白そうなんですよね、「変態村」は。

一人の若者が旅の途中、自動車の故障で人里離れた小さな村に彷徨い込むこととなる。
そこは「変態村」だった。

えーと・・・(笑)。
日本のオフィシャルサイトではまだ見られませんが、海外のサイトで予告編を見るとかなり怖そうで興味をそそるのですよね。H・G・ルイス監督の傑作「2000人の狂人」(1964)を思わせる設定ですが、ジャンル的にはサイコ・サスペンスといった感じでしょうか。はっきり言って面白そうです。
東京での単館ロードショーということで残念ながら劇場で観ることは出来なさそうですが、DVD化されたらぜひ観てみたいと思います。

「変態村」CALVAIRE
フランス、ベルギー、ルクセンブルグ合作。

日本OHP:http://www.hentai-mura.com/
海外OHP:http://www.calvaire.co.uk/


さてもう一本。
昨年ようやく日本でも公開された「キャビン・フィーバー」(2002)でデビューして話題になったイーライ・ロス監督の最新作「Hostel」(2006)です。
デビュー作同様に低予算のホラー映画と思われますが、年明けに全米公開され、いきなり「キングコング」(2005)「ナルニア国物語」(2005)といった大作を押さえてその週の興行成績トップに立ったことで注目を集めています。まぁ2週目で5位あたりに落ちたみたいですけど、それでもかなりのヒット作になることは確かでしょう。
正直言って「キャビン・フィーバー」はそんなに良い作品とは思いませんでした。ただ新人監督のデビュー作と考えればレベルは高いとも思いましたし、その容赦のない残虐描写も評価できるものでした。
新作「Hostel」もかなり情け容赦のない作品に仕上がっていると聞きます。「キャビン・フィーバー」からどのように化けたのか、興味あるところです。

ただ・・・「キャビン・フィーバー」も日本ではまともに劇場公開されなかったわけで、「Hostel」の日本公開があるのかどうかは心配ですね。米で無事ヒットしてくれれば大丈夫だとは思うのですが。


話変わって、
ホラーではないのですが最近ちまたで話題になっている映画。

「尻怪獣アスラ」(2004)

「良いのはパッケージアートだけ」で有名な、悪名高きアルバトロス・フィルムからDVDが発売されたと言うだけでもう、どうにもならない映画だと予想されます(笑)。
ただ予告編を見ると小美人の歌うアスラの歌や(恐ろしくショボイけど)都市破壊シーンなど東宝特撮映画に勝手にオマージュを捧げまくっているようなので、ちょっとだけ興味あり。でも金払ってまで見る勇気はなかなかわかないですけどね(笑)。
とりあえず予告だけでも見て、その後はご自分で判断を。

「尻怪獣アスラ」DVD情報(予告編あり)
http://www.albatros-film.com/title.phtml?titleid=215



ところでアニメの「BLEACH」ですが、今日の放送からオリジナル展開に入りました。
実のところあまり期待していなかったのですが、今日のに限って言えば今のグダグダな原作をアニメ化するよりははるかにマシだったかと。いやいや、なかなか面白く見られましたよ。これまでの作品世界にそぐわない新キャラデザインも新味があって悪くなし。
とりあえず今後に期待。これから最低半年以上はオリジナル展開で繋いで原作が溜まるのを待つということですが、今のアニメ「NARUTO」みたいなアレなことにならないよう祈ります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]