忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて「雪の女王」、今回のお話は。
長い長い旅の末、ついにカイと再会するゲルダ。しかしカイは(視聴者の予想通り)ゲルダのことを忘れていた。
幼い日の父親との別れを幻で見さされるなど、今回はゲルダにとって精神的に厳しい物語でした。

しかしその一方でトロル達との愉快なふれ合いなど楽しいシーンも満載。またついにその本体を現せた愚か者と雪の女王との対立と小競り合いと、次回からの激しい戦いを予感させます。作画演出共に満足のいくお話でした。
ただ、愚か者(魔王)のデザインはもう少し格好良く出来なかったものか(笑)。前身である風の化身が良かっただけに落差に驚かされます。

次回はいよいよラギの復活ですか。氷の中から蘇ったラギがどのような行動を取るのか、期待されます。

ところでこの「雪の女王」、当初は全39話という話だったのですが、なにやら36話に短縮になったとの噂も聞きます。本当なら残り3話・・・出来ればそれは勘弁してほしいところですが・・・。

追記
とか言っていたらOHPの予告ページに・・・
http://www3.nhk.or.jp/anime/snowqueen/yokoku.html
2月12日 第36話 故郷へ<終>
○| ̄|_
「雪の女王」の後番組は「自社制作のアニメにはやたらシブい」くせに「通常の3倍の値段で買った」ことでNHKの経営理念が問題になった韓国アニメ「少女チャングムの夢」と聞きます。そっちを早く始めたいがための打ち切りですかね。まぁ何にしろ釈然としないものが・・・。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
はじめまして。雪の女王の記事を見かけたのでTBさせていただきました。

私もこの作品が大好きなのですが、全39話が36話に短縮されたと聞いてがっくりしました。
今まで後6話と思っていたので、雪の女王と愚か者の戦いはさぞ壮絶なものになるだろうと期待していたのですが。(泣)

山賊の森でのお話が珍しく中途半端でしたが、もしや短縮のあおりで脚本がボロボロになったのかもしれないと勘ぐってしまいました。

せっかく良い作品なのですから、局の責任として最後まで視聴者に良質なものを送り届けて欲しいですね。
横溝ルパン URL 2006/01/23(Mon)23:32:58 編集
無題
今晩は、ようこそです。
私も現在放送中のアニメの中では最も好きな作品だけに、放送短縮は残念でなりません。視聴率も悪かったので危うさは感じていたのですけど、本来そういうことで左右されないのがNHKのいいところだろう、と。

山賊の3話連続エピソードは個人的には大した内容のない話をずいぶん引き伸ばしているなぁという印象でした。まぁそれでも好きですけど。
むしろベーと旅に出てからが、たった1話で氷の城に着いたりして展開を急いでいる感がありました。
残り2話でラギの復活と魔王との戦い、そして最終回で帰郷の旅。出崎監督のことですから見事に纏めてくれると信じてはいますが、かなり急ぎ足になることはさけられそうにないですね。いやはや・・・
はまりん 2006/01/24(Tue)12:30:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
雪の女王 第33話
サブタイトル「氷の城」   ゲルダはついに氷の城の中へ!   雪の女王 Vol.1  以下詳細  ***********
URL 2006/01/26(Thu)05:06:20
雪の女王・第33話
『氷の城』  なんと言っても今回の最大の見所は、雪の女王による幻術のシーンだと思います。雪の女王の幻術は3種類、氷河の幻影、幻聴、そして過去の映像です。父親が戦
URL 2006/01/26(Thu)07:13:28
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]