忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日書き忘れていましたが、「ポセイドン・アドベンチャー」(1972)がウォルフガング・ペーターゼン監督の手によってリメイクされてますね。
http://www.imdb.com/title/tt0409182/
「Poseidon」のタイトルで来年5月でしたかに全米公開予定です。
あのパニック超大作が今の技術で蘇る。それはもちろん楽しみではあります。
でも・・・
「ポセイドン・アドベンチャー」は完成された映画でした。リメイク作品がどのようなドラマを作ろうとオリジナルを超えることは不可能に思えます。俳優にしても結構良い役者さんを集めているとは思いますが、やはりオリジナルのキャストに比べると小振りに思えます。唯一オリジナルを超えられる部分があるとすれば特撮シーンくらいなものでしょう。
その特撮シーンにしても昨今のCGを多用した特撮がもう一つ好きになれない私からすれば、オリジナルのアナログなミニチュアワークの方がよほどそそられてしまうわけなのですが。

まぁ私の特撮への嗜好は別にしても、オリジナルを超えることがまず出来ないだろうリメイク作を作ることに対して、どうにも興味をそそられないわけなんです。

何と言いますか最近のハリウッド映画はリメイクだらけですな。
ブーム・・・と言えば聞こえが良いですが、まぁやたらとアナクロな設定のSF大作が多いのも含めて単なるネタ不足の結果ですね。
で、そもそもそういう場合のオリジナル作品というのはリメイク作品として選ばれるくらいですから、ヒット作、評価の高い作品であるわけで、そうなると余計リメイク作への評価は厳しくなる傾向でしょう。
実際、オリジナルを超えたと思えるようなリメイク作品にはついぞ出合ったことがりません。

昨年は'70年代を代表する2本のホラー映画のリメイク作品が公開されました。
「ゾンビ」(1978)のリメイク、「ドーン・オブ・ザ・デッド」(2004)。
「悪魔のいけにえ」(1974)のリメイク、「テキサス・チェーンソウ」(2004)。
どちらも現代風にスピーディなホラー作品には仕上がり、単純なホラーとしては楽しめるものでした。しかしそうするために、オリジナルにあったエッセンスがごっそりと犠牲にならざるを得ませんでした。

lovebug01 ディズニーもリメイクが多くなってきましたね。
公開中の「ハービー/機械じかけのキューピット」(2005)など、オリジナルの「ラブ・バッグ」(1969)が傑作かつ大好きな作品だけに怖くて見れません(笑)。
やはり1961年の傑作をリメイクした「フラバー」(1997)も悲しくなるような出来でしたしね。flaber01

ネタ不足のハリウッドは他国の作品へも手を伸ばし始め、日本から「リング」(1998)、「呪怨」(2002)、「仄暗い水の底から」(2001)といったJホラーが次々とリメイクされていきました。韓国映画「ボイス」(2002)のリメイク権をスピルバーグが買い取ったことも話題になりましたね。
その他「オーメン」(1976)や「悪魔の棲む家」(1979)のリメイクも進行中と聞きます。
そうそう、「死霊のえじき」(1985)のリメイクも作っているんでしたっけ(ロメロ監督による正当続編「ランド・オブ・ザ・デッド」(2005)とは関係ありません)。

過去の名作のリメイクがされるその度に、オリジナル作品が好きならば好きなほど大きな失望を受けることになってしまいます。そしてそんな辛いリメイクブームはまだまだ続くのです・・・。

ちなみに今一番不安なリメイク作は・・・
「THE FOG」
http://www.sonypictures.com/movies/thefog/site/
オリジナルの「ザ・フォッグ」(1979)がジョン・カーペンター監督の最高傑作と信じ、大好きな身としてはもう心配で心配で・・・。
もちろん見なければ済む話ではあるのですが、見なけりゃ見ないで気になってしまうのが困ったところです(苦笑)。

ついでに、
日本でも過去のTVアニメやドラマのリメイク映画化の流れが大きくなってきてますね。日本でもネタ不足は大きいのでしょうけど、安易な作品が増えている感が強いのが気になるところです。
いまや伝説と言える昨年の「デビルマン」(2004)とか、「キューティ・ハニー」(2004)に「鉄人28号」(2005)、「タッチ」(2005)。映画作品のリメイクでも「戦国自衛隊1549」(2005)に「日本沈没」のリメイクもあるそうですね。
そもそも各社の子供向け看板番組が相も変わらず「ゴジラ」とか「仮面ライダー」とか「ウルトラマン」とかである時点で先の展望が見えてこないのが寂しいところです。安定路線もいいし、そういう収益の見込めるタイトルでないと制作費が出にくい事情もわかるのですけどね。

でもって、今更こういう懐古企画が出てくるわけだ。うーむ。
「仮面ライダー THE FIRST」
http://www.maskedrider1st.jp/index.html

そう言えばこの間TVで見た「着信アリ」(2004)が菊川怜主演でTVドラマ化だそうで。この企画にもうーむ。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/08/10/05.html

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]