忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

と言うわけで見ました。

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」(2004)
HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN

現在4作目の「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005)が公開中の「ハリー・ポッター」シリーズはそもそも第1作「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001)でファミリー向けファンタジー映画としての出来の良さに感心し、第2作「ハリー・ポッターと秘密の部屋」(2002)で早くもマンネリ感に囚われ、少なからず興味を失っていました。原作未読者としてはその余りにダイジェスト然とした作りも好感触とは言えませんでしたし。

で、第3作目。
最大の興味はゲイリー・オールドマンの出演でしょうか。それと予告編からも伝わるこれまでにないダーク・ファンタジー的な雰囲気。第1作目時に最大の関心事(笑)であったハーマイオニーの可愛らしさは成長と共にすでに無く、それ以前に作品中のキャラクターとしても影が薄くなってしまって登場人物の一人に過ぎなくなってしまったのはまことに残念であります。
しかしその期待のゲイリー・オールドマンですが、どうにもつまらない役を引き受けたなぁという印象です。別にオールドマンを善人として使うのはいいけれど、それならそれでもっと上手い見せ方もあっただろうにと勿体なく思います。そしてオールドマンほどの役者を出演させるなら、本来ならポッター最大の凶悪な敵くらいやらせて欲しかったとも思います。

物語は予想通りダークな雰囲気が強く画面も暗く沈んでいます。しかしそのわりにドラマはあまりに子供っぽ過ぎるし、逆に子供が見るには陰湿で暗い物語に思えます。例によってのダイジェスト感も相まって、終始中途半端な印象が強い作品に仕上がっていました。シリーズ通してですが、何か起きるとさして伏線も無いまま便利アイテムや便利魔法が登場するのも唐突感が強いですし。
一般のレビューなどを読むと、やはり原作をはしょりすぎで説明不足という感想が目立ちますね。結局は1本の映画にまとめるだけの力量不足というところなのでしょう。

そもそもファンタジーとしては特にオリジナリティのある物語でもないわけで、そこで原作のダイジェスト的映画化でOKという感性ではこんなものだったのかもしれません。

「ハリー・ポッター」の映画は年に一度のお祭りであるとも思います。そういう意味では映画化されたことそのものが重要であるのでしょう。しかしそこに高い映画の完成度があれば本当に文句なしだったのにと思うと残念ではあります。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
一応原作の読者ですが、3時間程度では映画化無理。だからダイジェスト版と割り切らねば見られたものではないです。原作を思い出しながら脳内補完しつつ見る映画。
極端なことを言えば、原作ファン以外は見ない方がいい。面白さがとうてい伝わるとは思えないから。(無理な話ですが…)
おだ 2006/01/08(Sun)23:45:30 編集
無題
私は大抵の物語は2時間程度の映画に纏めることは不可能じゃないと思っていて、原作が大長編であってもエピソードの取捨選択をすれば良いと思うわけです。
が・・・それだとファンから少なからず不満が出るのでしょうねぇ。でも「ハリー・ポッター」の様に取捨選択をせず全てのエピソードを少しずつ摘んでダイジェスト映画を作ってしまうと結局原作ファンからも一般の人からも不満が出てしまうわけで。結局こういう原作を再現することだけであっぷあっぷで、「面白い映画」を作ることを放棄してしまった作品は見ていて辛いなぁ、と。
はまりん 2006/01/09(Mon)23:03:22 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]