忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ランス・ヘンリクセンは好きな俳優さんです。
頬に刻まれた深い皺が特徴的な渋いおじさんで、そのどちらかと言えば悪役とか陰気な役が似合いそうな風貌は名優ピーター・カッシングも思わせます。
古くは「未知との遭遇」(1977)や「オーメン2」(1978)「ラスト・スタッフ」(1983)などに脇役で出演し、キャメロン監督の「殺人魚フライングキラー」(1981)では主演もしていますが、やはり何と言ってもヘンリクセンさんの存在感を強烈に印象づけたのは「エイリアン2」(1986)でのアンドロイド・ビショップ役でした。
以降主演した「パンプキンヘッド」(1988)を含め、出演作はどうにもB級作品ばかりでまともな作品で巡り会うことができずにいたわけですが、ジャン・クロード・バンダム主演の「ハードターゲット」(1993)での強烈な悪役ぶりは嬉しい再会でしたし、サム・ライミ監督の「クイック&デッド」(1995)での詐欺師ガンマンも印象的でした。
そして何よりの贈り物はTVシリーズ「ミレニアム」(1996~98)で主人公を演じたことでしょう。近年のSFホラーTVシリーズの傑作でありました。

さて、昨年本作の予告編を見た時に感じたのは、「パンプキンヘッド」以来のヘンリクセンさん主演映画が見られるのかという喜びでした。今作が未来の話であった「エイリアン」シリーズに繋がる話である以上、ヘンリクセンさん扮するウェイランド社長が主役である以外に考えられないと思いこんだのですね。未来のウェイランド社がいかにしてエイリアン捕獲に拘るようになったのか、その答えが描かれると。

「エイリアンVSプレデター」(2004)
ALIEN VS PREDATOR

監督はB級SFホラーなら任せとけ、のポール・アンダーソン。
「イベント・ホライゾン」(1997)は安いながらかなーり怖かったですし、「バイオハザード」(2001)も安いながら楽しめる作品でした。その内容の無さやドラマの整合性云々が取りざたされたりもする監督さんですが、いやいやそう言う部分を差し置いても娯楽性を追求するのがこの人のスタイルでしょうし、まぁ楽しめた者勝ちってとこです。
とは言うもののアンダーソン監督が「エイリアンVSプレデター」の監督に決まったときは不安もありました。リドリー・スコット監督の第一作「エイリアン」(1979)が自分の中での「エイリアン」の基準になっていますし、はたまたキャメロン監督の「エイリアン2」のような骨太なアクション映画もアンダーソン監督には荷が重そうです。

まぁでもそこはそれ、頭を切り換えて見ることにしましょう(笑)。
そもそも古くは「キングコング対ゴジラ」(1962)や「ドラキュラ対フランケンシュタイン」(1971)、近年の「フレディVSジェイソン」(2003)に至るまで、有名モンスター同士の対決モノというのは一つのお祭りなんですよね。内容はどうあれヒーローモンスターそれぞれに見せ場があって、ワクワクするような対決があって、上映時間内楽しめればそれでOKというタイプの。
そういう意味ではアンダーソン監督の起用は悪くなく思えてきます。

というわけで本編ですが、予想通りと言いますか実にアンダーソン監督らしい「内容は薄いが面白い」作品に仕上がっていました。
ヘンリクセンさん扮するウェイランド社長が単なる一犠牲者で終わって「エイリアン」シリーズに続く部分がまるでなかったのは肩すかしでしたが、人間キャラが多数出てくるわりにドラマらしいドラマも無くあっさりと前半でヒロインを残して全滅するあたりは予想の範囲内というところでしょう。後はひたすらエイリアンとプレデターの戦いが描かれ、正直戦うヒロインの存在すらいらないなぁ、と(笑)。
CG特撮の進歩でエイリアンの群れが派手に暴れ回るのも、プレデターがめったやたらに格好良く描かれているのもグッドです。しかし序盤で人間を殺しまくったプレデターを終盤ではあたかもヒーローのごとく描くのは(人間視点で見ると)ちょっとどうかと(笑)。まぁとにかく、クライマックスで危機に陥ったヒロインを助けるため(かどうか知りませんが)クイーンエイリアンの背後からジャンプ一閃躍りかかるシーンの格好良さは並大抵のものじゃありません。
初めてエイリアンとプレデター両者が相まみえるシーンもやはり両作のファンとしてはワクワクしちゃいますね。

まぁ「エイリアン」シリーズの最新作としても「プレデター」シリーズの最新作としても特に得るものはない内容ではありました。が、とりあえず楽しめたからそれで良し!です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[映画] ジェームズ・キャメロンだって昔はこんなの作ってたんよ。
どんなの作ってたかって? 空飛ぶ人食いピラニアの映画ですよ。 Read more...
URL 2005/12/29(Thu)22:32:23
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]