忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なかなか書くことができなくて、もう1週間近く過ぎてしまいました。今頃かよって気もしますがとりあえず。

「タイムマシン」(2002)
THE TIME MACHINE

H・G・ウェルズの古典SFを原作に、ジョージ・パルによる1959年版に続いての2度目の映画化ですね。原作者のひ孫であるサイモン・ウェルズが監督したことでも話題になった作品であります。

CGを多用した特撮シーンは流石に見事な物ですね。公開当時の予告編などでもそうしたCGシーンを前面に押し出していて大いに期待させてくれたわけですが、しかし実際に見てみると意外と全体から見た割合は少ない。どちらかと言えば特撮よりもドラマで見せようという造りです。けれどそのドラマ部分がピリッとしないのが辛いところ。
恋人を亡くしてしまった歴史を変えるためにタイムマシンを作り上げるという序盤は良いとして、それがいつの間にか未来の世界を救うために全てを投げ出す主人公の目的のすり替わりに説得力が皆無なんですよね。えっ?いつ恋人のことあきらめちゃったの?って感じで。死んだ彼女のことはさっぱり忘れて、未来世界の女の子に乗り換えたとしか見えない。
時間旅行で未来の世界を点描していくところも、もう少しカルチャーギャップを盛り込むなどして上手く描けなかったものか。主人公から見れば驚異的な人類文明の進歩にまるで驚く様子も見られないのはガッカリですよ。結局その点描が、文明が崩壊していくことの状況説明にしか使われてないのが勿体ない。その状況説明自体も上手くないですし。
タイムマシンの作り出すフィールドみたいなのから外に落ちた物が急速に朽ちていくという描写は映像的には面白いけれど、どうも納得のいかない部分でもありますね。
一方で図書館のホログラム案内人の使い方は上手いと思いました。ラストで子供達に勉強を教えているシーンは「最後の猿の惑星」(1973)を彷彿とさせて微笑ましかったり。

本作で一番残念だったのは、どうにも物語が情緒に流されていくところか。恋人の命を救うために過去に戻ってやり直そうとしても別の原因でやはり死んでしまうあたりもまったく納得できないし展開ですし、過去を変えられないのは未来に原因があるという結論に達するのも唐突で意味不明。タイムマシンテーマのラブロマンスをやりたいのなら名作「ある日どこかで」(1980)くらい徹底してほしいところだけれど、上記したとおり突然主人公は未来で出合ったばかりの女の子のために戦い始める。
せっかくひ孫が曾祖父の原作を映画化するのだから、もう少し英国的理知的な内容であって欲しかったなぁ、と。
ついでに言うと舞台が原作でのイギリス・ロンドンからアメリカ・ニューヨークに移されていたのも残念。最初はてっきりロンドンが舞台と思って見ていたものだから、時間旅行して着いた未来がどうしてアメリカなのか理解できなくて混乱してしまいました。昨年の「宇宙戦争」(2005)も同様で、アメリカ映画だから仕方ない部分もあるでしょうけれどもう少し原作を大事にして欲しいとは思います。

放送記録:2006年04月09日PM09:00~10:54ABCテレビ「日曜洋画劇場」


さてさて、昨日ですがついに関西でも最終回を迎えました。

「金色のガッシュベル!!」第150話
「バオウを継ぐ者 ガッシュvsゼオン ジガディラスの雷 」

原作の方でゼオンの圧倒的な強さを演出していただけにガッシュvsゼオンの決着はいささかあっけないものになりましたね。ガッシュvsファウードも含めて、いつ頃打ち切りが決定したのか分かりませんがアニメの終盤は構成のバランスが悪かったように思います。
まぁでもアニメは急いで終わらせなくてはならなかった感もありますし、原作連載中に終わるアニメ版に良くあることでもありますし、様々な問題や伏線の積み残しがあるのも仕方のないところでしょうか。ラストをブラゴとの勝負で締めたところは妥当なところではありますが、やはり良かったかと。ただもう少し最終回らしく感動を盛り上げるとかも欲しかったところ。それにティオやキャンチョメ、ウマゴンといったガッシュと共に戦ってきた仲間達にも少しは見せ場を与えてあげても良かったでしょうに。
全体として、今一つ盛り上がることなくなんとか終わらせられました的な最終回だったのは残念でした。

しかしアニメ版「ガッシュ」で一番マズいと思うのは、始まった当初アニメオリジナルで散々ガッシュのライバル的キャラとして押し出していたにもかかわらずその後完全に無視された風使いの魔物の存在ですね(笑)。きっと人知れず魔界に送還されているのでしょうけど、気の毒すぎます。出したからにはちゃんとフォローしてやれよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]