忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここ数年、以前に比べて見ているアニメの本数が激減しました。と言うか、テレビ自体をあまり見なくなってますね。見るのも主に映画とニュースくらい。
と言うわけで、数少ない見ているアニメの中から現在のベスト3を。

1:ふしぎ星の☆ふたご姫Gyu
2:遊戯王GX
3:アニマル横町

「ふたご姫Gyu」の現在のプリンセススクール編は無印の頃より好きですね。変に世界を救うとか風呂敷を広げるよりも、もっと日常を面白可笑しく描いてくれた方が楽しいです。キャラも生き生きしていているし可愛いし。ただキャラクターを増やしすぎた感は有りますね。
「遊戯王GX」、韓国に丸投げの作画レベルの低さバラツキはかなり不満ですが、それを補う脚本の面白さがあり。アニメに限らずやはり重要なのは脚本と演出だなぁと。もちろんこれで作画が良ければ言うこと無しなんですけどね。
「アニマル横町」が始まった当初はいかにも子供向けのぬるいギャグアニメという印象でした。それが回が進むにしたがってどんどんキャラも弾け、キレたギャグが満載に。来月最終回を迎えるようですが、なんとも残念に思える番組に成長してくれました。
この3本以外に見ているのといえば、すでに惰性で見ている「名探偵コナン」「ブラック・ジャック21」 「ブリーチ」くらいですか。
深夜アニメは基本的に無視しています。ネットとかで評判が良さそうな作品があればレンタルで見たりします。最近では「ぱにぽにだっしゅ!」とか「蟲師」ですね。今度噂の「涼宮ハルヒ」とやらを見てみますかね。


●ジョンベネちゃん事件、容疑者の訴追見送り

今月17日のエントリーで書いた「ジョンベネちゃん事件の容疑者逮捕」ですが、これがなんと刑事訴追を見送り、逮捕状を取り消すということになったようです。これでまたふりだしに戻るですか。いったいこの事件の真相はどうなっているんでしょうね。

読売ONLINE
ジョンベネ事件、容疑者の訴追見送り…DNA一致せず
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060829i302.htm


●オーマイニュース創刊される

オーマイニュースの日本版が昨日創刊されました。
http://www.ohmynews.co.jp/

オーマイニュースと言えば韓国発祥のネット新聞でして、記者登録した市民記者が記事を書くという市民参加型のメディアですね。今までにもそういった形のネットニュースサイトは日本にもあったわけですが、大資本による本格参入ということで注目を集めていました。私も、もしかしたら新しい形のメディアが生まれるのかもとかすかな期待は抱いていたわけです。

ただ創刊前からいろいろと論議があったのは・・・
・大元が韓国のオーマイニュースであること。
・最大の資金援助が在日企業のソフトバンクであること。
・それゆえ社長以下多くのスタッフが韓国人であること。
・編集長が鳥越俊太郎氏であること。
等々から、典型的左巻きメディアになるのではないかとと危惧されたことでした。
事実創刊前から「OhmyNews開店準備中Blog」(現在は「オーマイニュースブログ~編集局から~」と改題)において多数の記事が書かれていたのですが、その多くが日本や小泉批判で、これでは単にヒダリ寄りマスコミがまた一つ増えるだけなのではないかと思った人は多かった思います。
ですが創刊を目前にした23日、編集委員の佐々木俊尚氏からオーマイニュースの立ち位置をはっきりさせるべきではないか、ネット上の「週刊金曜日」にするつもりなのかという苦言があり、それに対して編集部員の個人的意見として左右に拘ることなく説得力のある記事を掲載していきたい、つまり編集部としてはリベラルでありたいという旨の返信がありました。
編集部内部でオーマイニュースの方向性に疑問を投げかける人がいること、そしてそれに真摯に答える人がいることはかすかな希望を見た思いでした。ただ佐々木俊尚氏の重要な問いかけに編集長である鳥越俊太郎氏からのコメントが全くなかったのは大きな疑問ではありましたが。

そして昨日創刊されたオーマイニュース日本版ですが・・・
まぁガッカリと言いますか、ある意味予想通りと言いますか・・・最初っからこんなに左にメーター振り切っていていいの?って感じの記事が満載ですねぇ。
最初は気になった記事一つ一つに論評を加えようかとも思ったのですが、切り無いしめんどくさいからいいや。
本当はもし奇跡的に本物のリベラルなメディアが誕生したときには←のブックマークの欄に躊躇うことなく加えるつもりだったんですけどね。これほど偏向した内容ではとても人様にご紹介はできません、残念なことですが。

関連記事
(都議会議員初鹿あきひろ先生応援サイト)mumurブルログ
「犯罪人が神様かよ!」 オーマイニュースの漫画の酷さ

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/50609168.html


●ロメロ監督の新作ゾンビ映画

「ゾンビ」シリーズ第4弾「ランド・オブ・ザ・デッド」(2005)を作ったばかりのジョージ・A・ロメロ監督ですが、早くも第5弾の制作が決定した模様。撮影は今年10月からの予定で、タイトルは「Diary of the Dead」。「ランド・オブ・ザ・デッド」が個人的にはいささか残念な出来だっただけに不安もありますが、でもやはりロメロ監督のゾンビ映画となると楽しみの方が大きいですね。
そー言えば「ランド・オブ・ザ・デッド」の続きをTVシリーズでという噂もありましたが、どうなったのかな? 作りようによっては面白いロードムービーシリーズになりそうだと思っていたんですけどね。

ちなみにロメロ監督のゾンビシリーズ一覧。
1:「生ける屍の夜」(別題「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」)
  NIGHT OF THE LIVING DEAD(1968)
2:「ゾンビ」
  DAWN OF THE DEAD (1978)
3:「死霊のえじき」
  DAY OF THE DEAD (1985)
4:「ランド・オブ・ザ・デッド」
  LAND OF THE DEAD (2005)


●冥王星は格下げ・惑星は8個(24日)

読売ONLINE
冥王星は格下げ・惑星は8個、国際天文学連合が採択
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060824it15.htm

これから太陽系の惑星の名を呼ぶときは「水金地火木土天海」と言わなくてはならないわけですね。でもこれまでも冥王星の小ささゆえに惑星とカテゴライズして良いものかどうかということは長らく議論されてきたわけで、今回の結論ですっきりしたとは言えます。少なくとも冥王星を惑星と認めることで太陽系の惑星が十数個まで増えてしまうよりはずっといい。

とは言うものの今回の結果を受けて・・・
セーラー戦士たちから仲間はずれにされるセーラープルートの寂しげな姿を妄想して心を痛めたのは私だけではありますまい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]