忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

え~「おとボク」ですが、今期見ているアニメの中では飛び抜けて出来が良いと思われます。開始前の不評不安が嘘のように好評のようで嬉しいかぎり。
一方で不満があると言えば「史上最強の弟子ケンイチ」
作画がかなりアレなのはまぁ制作体制とかいろいろ問題もあるのでしょうし仕方ない部分もあると思うのですが、それに輪をかけて演出(と言うかコンテかな?)が悪すぎ。本来なら多少酷い作画も見せ方によって誤魔化せるはずなんですが、両方酷いとどうにもなりませんな。素人にコンテ切らせてんのか?と言いたくなります。こんな状況のままで1年も続くのかと思うと・・・。

ま、さておき、

乙女はお姉さまに恋してる
第5話「真夜中の教会(チャペル)」

突然現れた幽霊の一子ちゃん。いつしかすっかり皆の中にとけ込んで寮の中を明るくします。一方、一子の慕っていたお姉さま――22年前のエルダーのことが気になった瑞穂は過去の学園の資料を調べ、それがかつてこの学園に通っていた自らの母だということを知ったのでした。運命を感じながら一子を夜の礼拝堂へと誘う瑞穂。瑞穂はそっと一子を抱きしめ、その額に優しく口づけをしました。お姉さまを慕い誰よりも愛していた一子にとって、それはどんなにか待ち望んでいた一瞬だったのでしょう。次の瞬間一子の体が光に包まれ、優しい幽霊の少女はゆっくりと天に昇っていったのでした。

本アニメのスタッフは実に丁寧な仕事をされていると感じます。原作でのかなり長いシナリオを1クール12話に押し込めなくてはならないため、やたらと物語を切りつめたりはしょったり、登場人物がやたらと皆早口だったり、テンポが良い反面せわしない作品にはなっていますが、それでも原作を尊重し良い作品に仕上げようと言う気持ちを感じます。原作をはしょった部分を補足するようなアニメのオリジナル部分も作品にしっかりとけ込んで良いです。
その他作画も驚くほど安定していて良いですし、声優さんたちもこなれてきた感じ。特に序盤やや評判の悪かった貴子さんも、ここ数話の演出も相まって人気急上昇でしょうか(笑)。
ただやはり気になるのは話数の少なさですか。次回がプール授業の話と思われますが、だとすればアニメで6話を(それもかなりの急ぎ足で)かけて、ようやく原作の序盤が終了。残り6話でどこまで綺麗にまとめることが出来るか、不安を感じつつも期待します。

さて今回のお話。原作のゲームで言えば第2話のクライマックス。前半最大の山場といったところでしょうか。いやいや、その後の脳天気なオチがわかっているのに、やっぱり見ていてグッと来ちゃいましたねぇ。しかし一子ちゃんの物語的に言えばこれが物語後半での伏線にもなっているわけで、そう考えると・・・。

<以下、ちょっとネタバレあり。>

今回のアニメが始まって、その出来の良さに久しぶりに原作ゲームの方もやりたくなって引っ張り出したんです。でもやっぱり、一子ちゃんとのラストダンスの手前までくると手が止まってしまうんですよねぇ。正直すっかり涙もろくなった私としては辛い。
ここら辺アニメではどう処理されるのか気になります。原作通りならアニメでもまた泣かされそうですし、いっそオリジナル展開でとも思ったり。さて、どうなりますか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]