忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

え~、ここのところあまり更新出来てないですね。もう少し(何かと)余裕ができれば何とかなると思います。

で、
毎週、アニメ「雪の女王」と並んで長らく日曜夜の楽しみであり、本ブログでも恒例でありましたサンTV「時代劇スペシャル」が本日をもって終了いたしました。

(ノД`)・゜・。

長年にわたって幾多の傑作・佳作・凡作時代劇映画&ドラマを見せて頂きました。本当にありがとう。でも、出来ることなら同様の番組枠をまた作って頂きたいと切望します。

そして今日最後の放送は<
「怪談津の国屋/半七捕物帖」
1984年放送の2時間ドラマですね。ご存じ半七親分に露口茂が扮し、過去の因縁まつわる怪奇な事件に挑みます。
露口さんの冷静沈着な半七はなかなかに威厳たっぷりでよろしい。怪談仕立ての時代劇というのは昔からありますし、復讐絡みのドラマ展開も悪く無し。
ただこの手の怪談仕立てを見るといつも思うのですが、本作でも幽霊トリックの種明かしを全くしてくれないのが困りもの。どう考えても人間業じゃないんだものなぁ(笑)。
ドラマは半七が30年前の事件を回想するという形式で、冒頭とラストに登場する老いた半七の語り口が個人的に一番の見所だったかな、と。露口さん、やはり上手いですな。

もはや夏も終わり肌寒く感じる今日この頃ですが、本編の内容も真冬の怪談話。まずは時期はずれな怪談を楽しむのも一興というところではありました。

放送記録:2005年9月25日PM8:00~9:46サンTV時代劇スペシャル

ところでここ最近、このブログで怪談映画についてちょっとまとまった文章でも書こうと考えていたのですが、偶然と言いますか「時代劇スペシャル」最終回が怪談時代劇とは(笑)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]