忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

軍の施設から漏れだした細菌ガス兵器によって感染した町の住人が次々とゾンビのごとき怪物に変貌する中、郊外のバーベキュー屋に逃げ込んだ者たちは力を合わせ、実は伝説のガンマンだった主人公をリーダーして脱出を試みるのだった。

「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007)
PLANET TERROR


と言うわけでクエンティン・タランティーノ制作して'6~70年代頃のB級映画二本立てを再現した「グラインドハウス」の一本、ロバート・ロドリゲス監督作品「プラネット・テラー in グラインドハウス」(2007)をようやく見ました。あらすじだけ見ると普通のB級ホラーってな感じですけど、いやはやこれは凄まじくも楽しい一品ですよ。
巨費を投じてB旧映画を再現したその映像が素晴らしい。意味ありげでいて、実はまったく意味のないセリフ回しが本当に素晴らしい。この安っぽい映像演出を作り出すためにどれほどの時間とアイデアをつぎ込んだのであろうか。実に心血を注ぎ込んだ素晴らしきクソ映画です。この演出力こそが最大の見所とも言え、よく取りざたされていた画面に書き込まれたフイルム傷など小手先の技にすぎないのですよ。怖がらせる部分ではきっちり怖がらせてくれ、そして全編大爆笑。全編に散りばめられた細かなネタも楽しすぎる、そしてブルース・ウィリスの無駄遣い(笑)も甚だしい、実に実に見事な作品でありました。いゃ~、エエモン見させてもらいました。
こうなると(本来ならば)二本立てのもう一本、タランティーノ監督の「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007)も早く見なくてはなりますまい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]