忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

北京オリンピックの開催が近づいている。いつもならオリンピックの開催が近づくとワクワクするところだけど、今回ほど近づくにつれて気分が重くなっていくオリンピックは初めてのこと。
中国に対する不快感はもちろんある。今各国で騒がれているチベットでの虐殺のこと、東トルキスタンやダルフールの虐殺のこと、史上稀な現在進行形での人権侵害国家でオリンピックが開催されるという皮肉。いや他国で行われている殺戮のことだけではなく、現在日本が被っている様々な不利益。だが先般の毒ギョウザ事件も海底ガス田盗掘も尖閣諸島侵略もすっかり忘れたかのような五輪開催に向けてのメディアのはしゃぎっぷり、参加選手のにこやかな会見、政治家の問題へのスルーっぷり。恐ろしいほどの違和感。日本っていつの間にこんな不人情な国に成り果てていたの?

各国で参加選手や聖火ランナーのボイコットが語られる中、いち早くボイコットはあり得ないと明言する日本政府。侵略と虐殺に翻弄されるチベット問題を中国の国内問題と切り捨てる日本共産党。あなた達は中国政府の代弁者か?
普段「人権人権」と大騒ぎしている団体の皆さんの多くが今回のチベット問題に対して沈黙しているのはなぜ? 有森裕子氏を初めとしてスポーツ選手の皆さんのこの問題意識の低さは何事?

いやいっそ沈黙を守っている人は賢いのかもしれない。ヘタに発言して有森氏のように問題意識の無さっぷりやエセ人権家ぷりを晒してしまうよりは。
普段子供の人権を守るとヒステリックに騒いでいるアグネス・チャンがエセ人権屋だったと開かされたのは、かつてアイドル時代にファンだった身としては辛いところもあるけれど不幸中の幸いと言うべきか。「(チベット情勢に)私には口をはさめない」日本の漫画やアニメの中の少女に思いははせても、今現実に殺戮されているチベットの子供たちを救う努力をする気はさらさら無いとのこと。

・チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も
中には少女5人も含まれているという
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2365416/2745092

ちなみに今回のことで今のアグネスをいろいろ調べていたら、創価学会と深い繋がりがあったのですねぇ。

●アグネス・チャンが本部幹部会で池田大作を礼賛
http://www.forum21.jp/2008/01/200811.htm

そーかそーか、ならばある程度は納得。そりゃ中国様には逆らえんわなぁ。しかしそんな有様で今まで人権を叫んでいたのかと思うとヘドが出る。

ちなみにアグネスが大使と言う名の広告塔をやっている日本ユニセフ協会のうさんくささも以前より聞き知っていたわけだけど、もし今後何かのことで募金することがある方は気を付けていただきたい。日本ユニセフ協会は国連の本家ユニセフとは(協力関係にはあるが)関係ない別組織です。ここに募金すると活動費という名目で募金の25パーセントが協会に入る仕組みです。活動費はもちろん必要なものだけど、募金の1/4はボリすぎではないか?
日本には他に本家ユニセフの正式な親善大使をしておられる黒柳徹子さんがいます。黒柳さんの開設している口座に募金すれば1円余さず本家ユニセフに届けてくれるとのこと。もし募金することがあるのならこちらにお願いします。

●黒柳徹子さん「お願いチャンネル」
http://www.inv.co.jp/~tagawa/totto/hope.html

それにしても有森アグネス両氏もそうだけど、各国での聖火リレーでの中国への抗議に対する「スポーツに政治を持ち込むな」という発言のアホっぷりはどうしたものやら。まさにアホとエセ人権家ホイホイである。正しく中国のプロパガンダを体現しておられる。
そして中国プロパガンダに乗っているのはTV各局もご同様。
先日パリで聖火リレーがあった日の夜の「報道ステーション」における論説員加藤氏のコメント。この加藤というのは以前同番組でチベット特集をした時に「中国はチベットを発展近代化させた」と中国のチベット政策を褒めちぎった人物だが、この日の聖火リレーでの抗議活動についても「ダライ・ラマの指導力不足のせい」とダライ・ラマ批判に終始。聞いていて呆れた、ホント呆れた。
しかし所詮朝日だから仕方ないとも言えるわけだけど、他局にしたところで、そもそもチベット問題がなぜ起こったのか、今実際に何が起こっているのか、こうしたことを視聴者に伝えた局はあるのか?
一方でNHKなんぞ「関口知宏の中国鉄道大紀行」を見ていて、こういう旅番組好きなのに苦虫を噛みつぶしたような気分になる。関口知宏氏自身にはそんな意識は無いとは思うが、明らかなプロパガンダ番組。ことに昨年放送されたチベット訪問の回なんぞ、その白々しさに暴れたくなった。

チベットは1950年に中国の侵略を受け、現在までに僧侶を中心に百数十万人が虐殺された。そして現在も犠牲者の数は増え続けている。

この現状を救いたいと思うのは政治問題か? 明確な人権問題ではないのか?
そこんとこどうよ、アグネスさん。

しかしマスコミも政治家も口をつぐんでいるだけ。ダライ・ラマが来日しても(中共のご命令通り)誰も会おうとしない。五輪参加選手もにこやかに抱負を語るだけ。
どうなってんのこの国は・・・

と思っていたところに、著名な登山家の野口健さんが声を上げてくれたのですよ。

●わが聖地・チベットの苦しみ:野口健(アルピニスト)
http://news.goo.ne.jp/article/php/world/php-20080410-01.html

これは、ぜひ一人でも多くの人に読んで頂きたいのです。自分の夢が潰えることも覚悟しながらの勇気ある発言に泣けてきます。本当に素晴らしい。

聖火リレーが長野にやってくるのは26日。もしここで欽ちゃんや星野監督を初めとしたリレー参加者がニコやかに誇らしげに走っていたなら、それでなくても鬱鬱としている今の気分がさらに落ち込みそうです。




ついでに、こんなニュースがあった。
チベット人と思われる男が車椅子の聖火ランナーを襲って聖火を取り上げようとするシーンが世界に中継され、中国が抗議派を非難するのに大々的に使われた映像。これが実はヤラセだったというニュース。

・五輪トーチ中国人ランナーを攻撃したチベット人らしき男性、偽装か
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/04/html/d32396.html

報道してるのが「大紀元」なもんでどうかなと思ったのだけど、掲載されている写真を見るかぎり事実っぽいね。やること汚ねぇよ中共。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]