忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スピルバーグからの贈り物!

て言うか、ジョー・ダンテからの贈り物ですね。本日「土曜プレミアム」にて「ハムナプトラ」(1999)の放送ももろともせず、サンテレビの「シネマスタジアム」を見ていましたよ。懐かしや「インナースペース」(1987)です。

インナースペース (1987)
INNER SPACE

人間縮小化実験が行われている研究所が犯罪組織に襲われ、被験者の乗った潜行艇はたまたま巻き込まれたスーパー店員の体内に打ち込まれることに。艇内の酸素が切れる前に救出しなくてはならない。組織に追われながら、否応なく奮戦する羽目になる気弱な店員であった。

スピルバーグ制作・・・って言うより、ジョー・ダンテ監督らしい趣の明るく楽しい逸品。ダンテって言うと当時は「ピラニア」(1978)とか「ハウリング」(1981)を撮ったホラー監督ってイメージでしたけど、「グレムリン」(1984)シリーズのような楽しく悪趣味なコメディも得意とする監督さん。そのダンテが趣味全開で撮ったおもちゃ箱をひっくり返したような快作「エクスプロラーズ」(1985)に続いて監督したのがこの「インナースペース」。
公開当時はスピルバーグ・プレゼンツってとこに惹かれて見に行き、当時次々公開されていたスピルバーグ印作品の中ではイマイチな印象だった本作ですが、まぁ改めて見ても筋立てぐちゃぐちゃだわSF考証ダメダメだわ。当時非常に生真面目なSF者だった私としてはいろいろと不満だったわけですよ。同趣向のSF映画としては傑作「ミクロの決死圏」(1966) の印象も強かったわけですしね。
しかしこれがSF大作ではなくバカSFアクションコメディだと気づくと、実にジョー・ダンテらしい楽しい作品だっていうことになりますね。愛あり涙あり笑いあり冒険ありのスラップスティックコメディで2時間はあっという間ですわ。(当時最先端だけど)今となってはアナログな特撮も楽し。出演陣では主演にして事件に巻き込まれる気弱なスーパー店員に扮するマーティン・ショートが実に良いです。もう一人の主人公でタイトルクレジットでは上のデニス・クエイドが食われてます。そしてヒロインのメグ・ライアンが可愛い。'80年代頃のメグは輝いていましたなぁ。
ちゅうわけで「インナースペース」、今の目から見ると少々ぬるいコメディ作品ではありますが、気楽に楽しめる作品でもあり。最近はこういう映画って見なくなったですなぁ。

放送記録:2008年01月26日PM8:00~09:50サンレビ「シネマスタジアム」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]