忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はいはい、と言うわけで昨夜始まりました「乙女はお姉さま(ボク)に恋してる」、通称「おとボク」を見ましたよ。

乙女はお姉さまに恋してる
第1話「口紅(ルージュ)をひいた王子様」

名門大財閥の子息瑞穂くん、祖父の遺言を聞いてビックリ。それはとある女学院に転入せよとの内容だった。嫌々ながらも女装して学院の寮住まいとなる瑞穂。面白がる幼なじみの女の子まりや、クラスメイトや寮の後輩の女の子、謎めいた美少女たちに囲まれて、はてさてこれからどんな騒動が巻き起こりますか。

見る前は先日書いた原作者の件に絡む声優全変更とかキャラクターデザインが原作とまるで違うとか、まぁいろいろと悪い印象が多かったこともあってまったく期待していませんでした。が、これは予想外に良い出来ですよ。
原作であるゲーム版は結構な長編なので1クールアニメとしてはかなりテキパキ進めなくちゃならないわけですが、この第1話の脚本は原作のエッセンスを上手く取り出しつつまとめ上げたなという印象。
心配された声優に関してもちょっと全体的に薄味になった感はありますし、それにまぁ愛着ある分やはり原作と同じ声優さんたちを使って欲しかったとは正直思いますが、しかし概ね悪くなし。流石にプロですねぇ。ただ今回はまだ未登場の一子ちゃんに関しては、原作版でのあの素晴らしいマシンガントークが再現されるのか心配ではあります。
キャラクターデザインはどうしても大きく不満が残りますが作画も悪くないですね。

と言うわけで全体的にレベルは悪くなし。これは嬉しい誤算と言うことで、引き続き鑑賞を続けようと思います。

ちゅうか、アニメを見てまたむらむらとゲームの方もやりたくなってきましたよ(笑)。ただゲームやってるとどうしても一子ちゃんとの×××な展開のところでキツくて手が止まってしまうんですよねぇ。アニメ版でもまた泣かされてしまうのでしょうか。
ところでアニメだと誰ルートで進むんでしょうね。普通に考えるとやはり紫苑さんかな? 昨今ADVゲームを原作としたアニメが深夜中心に数多く作られていますが、まともに見たのはこの「おとボク」が初めてなものでどういう感じにアニメとして仕上がるのかよくわかんないんですよね。

ともあれ、今回のアニメ版で興味を持った方がゲームの方にも手を出していただければ、ファンとしては嬉しいところです。
そして不覚にも瑞穂ちゃんに萌えてしまった方は、左のBOOKで紹介しているムック「空想(ゲーム)女装少年コレクション」などはいかがか(笑)。


さて今夜は「すもももももも」のスタートですね。これも当たりだといいのですが。


追記(10.11)
て言うか昨日書き忘れていたんですが、「おとボク」EDは注目でしたね。まさかTV画面の中で動き回るヨダ絵を見られる日がくるとは思ってませんでしたよ。いや楽しい楽しい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
乙女はお姉さまに恋してる 第1話
えー、ようやく始まったおとボクですが。 初回からモストデンジャラスな薫りがプンプン漂っています。
URL 2006/10/17(Tue)14:45:02
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]