忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりに洋画劇場鑑賞です。

「アイ・スパイ」I SPY(2002)

笑いもそこそこ、アクションもそこそこ、そして気の抜けたような内容の薄さ。全てにおいて中途半端でエディ・マーフィーお得意のマシンガントークも生かされることなく空回りというところでしょうか。
まぁこういう映画も悪くはないと思いますよ。90分そこそこ楽しめて、見終わったらたちまち記憶から消えていく。たぶん2ヶ月も経てば内容をほとんど覚えて無さそうな気がします。でもそういう娯楽も当然あっていいわけですから。

元々は本作も昨今のリメイクブームの一環で、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999)や「アベンジャーズ」(1998)同様'60年代のTVシリーズの映画化なんですよね。でも本作のオリジナルTVシリーズは見たことが無かったのでそのリメイク映画版としての出来云々は語れませんが、まぁしかし普通に一本の映画として大して面白くないのは如何ともしがたいですね。だいたいこの手のリメイク作が(特撮技術は別にしても)オリジナルを超えるってことは一部を除いてまず無さそうなので、いい加減こうした風潮は終わりにしてほしいものです。ハリウッドのネタ不足は深刻なようですから無理かな?

ところで本作の、敵地から招待を受けた一般人ボクサーに協力を仰いでマヌケなスパイが同行潜入するというストーリーを見て似た雰囲気の映画を思い出していました。
冷戦時代、東ドイツからの招待を受けたロック歌手が活躍するスパイコメディ「トップ・シークレット」(1984)です。監督はかの「裸の銃を持つ男」シリーズのザッカー兄弟。「アイ・スパイ」と比較するのが失礼なほど大爆笑作品でありました。

「トップ・シークレット」で忘れられないのは私も大ファンであります怪奇映画の大スター、ピーター・カッシングが何とも奇妙なコメディ演技で意外すぎる楽しみを与えてくれたこと。
そう言えば本作「アイ・スパイ」にも大物がでていましたね。マルコム・マクダウェルもまた、好きな役者さんです。本作での役所はどこか「ブルーサンダー」(1983)での演技を思い出させてくれました。でも、それ以上にその老け具合にビックリしてしまいましたねぇ。

放送記録:2005年10月16日PM9:00~10:54ABC放送「日曜洋画劇場」

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]