忍者ブログ
映画のコトやら何やら綴りませう
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前より見たいと思っていた一本。一昨年に亡くなった奇才、石井輝男監督の異色時代劇であります。

ポルノ時代劇 忘八武士道 (東映・1973)

人斬り死能の異名を持つ浪人明日死能。「生きるも地獄、死ぬもまた地獄」・・・流れるがままに生き、立ちはだかる者を斬り続ける死能は、捕り方に囲まれ川へと飛び込む。死する運命に身を委ねようとしていた死能を救ったのは、花街吉原を支配する忘八たちだった。
人の持つ八つの心を忘れ去った人でなしの集団、忘八。その元締め大門四郎兵衛は死能を殺し屋として雇い入れる。吉原の隆盛と権力を脅かす相手を斬って斬って斬りまくる死能。だがその一方で、死能は自分が用済みになった時に四郎兵衛が何を企むのかを理解していた。
やがて四郎兵衛と幕府老中の間で密約が交わされ、四郎兵衛は今や邪魔者となった死能を阿片と女漬けにした上で抹殺を企む。全て承知の上で自ら罠にかかる死能。死能は阿片の見せる幻覚に耐えながら女達を斬り捨て、四郎兵衛に逆襲すると待ちかまえる数十の捕り方の中へ単身切り込んでいくのだった。

いやもう、手足や生首が豪快に飛びまくるオープニングから実に快調(笑)。石井監督ならではのエログロ味満載のまさに逸品と言えましょう。原作は小池一雄&小島剛夕の「子連れ狼」コンビによるコミックですが、その「子連れ狼」が同年に萬屋錦之介主演でTVドラマ化され、そちらでも石井監督が演出を手がけています。両作の雰囲気の共通性などを楽しむのも良いですね。

本作の主人公明日死能を演じているのが、やはり昨年亡くなった丹波哲郎。全ての感情を失ったように淡々と人を斬りながら、一方で奇妙な独自のモラルを持つ不思議なアンチヒーローを見事に演じています。まぁ、元々演技派とは言えない丹波さんですから、この淡々とした演技は演じやすかったのかもしれません(笑)。しかしそんな死能が自分を慕っていた忘八の一人姫次郎の無惨な死に際して初めて感情を顕わにするシーンは、胸を打つ名シーンでありました。
しかし本作の同年に東宝の「日本沈没」で人情派の総理大臣を重々しく演じていたりして、気に入ったならどんな役でも引き受ける丹波さんらしい話ではあります。

大門四郎兵衛配下で忘八者のリーダーを演じるのが「水戸黄門」の格さん役等時代劇ではお馴染みの伊吹吾郎。これがまたいい。人でなし集団のリーダー役に相応しい凄みのある演技で、ヘタすれば主役を喰ってしまいそうな勢いです。
吉原の利権を一手に握る大門四郎兵衛には、やはり時代劇の悪役でお馴染みの芸達者、遠藤辰雄。憎々しくも愛嬌のある悪役ならこの人って感じで、妖怪じみた四郎兵に存在感を与えています。

さて、多くの人が興味を惹かれるであろうタイトルの「ポルノ時代劇」という部分ですが、実のところさしたる物ではありません。確かに女の裸はいやってほど出てきますが時代が時代ですからね、ポルノ的描写に関しては昨今のAVなどを見慣れた人にとってはぬるすぎると感じることでしょう。
ですが本作が一部好事家から絶賛されるのは、この裸を晒しまくる女達の中にある女優さんが居るのが大きな理由の一つでありましょう。本作のヒロインであり、女忘八のリーダーお紋を演じるのが、かのひし美ゆり子嬢なのです。
ひし美ゆり子と言えば「ウルトラセブン」(1967~1968)のアンヌ隊員や「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」 (1972)のお姉さんとして、かつての特撮少年の憧れを一身に受けた女優さんでありますね。かく言う私もそんな少年の一人でしたが。 ほんの少し色っぽくなったアンヌ隊員が美しい全裸を惜しげもなく晒しまくるわ、大の字に縛りつけられてエロジジイたちに品定めされるわ、小さめのオッパイをいいように揉みしだかれるわ、まぁかなり堪らんものがあるのは確かなわけです。アンヌ隊員の愛らしさ純情さに惚れていた身としては、少々複雑な気分もあるんですけどね。もっとも'70年代のひし美さんと言えば本作だけでなくいろんな映画で裸を晒していたわけですが、その中でも本作での脱ぎっぷりの良さがピカイチではあります。

さて、阿片の幻覚を振り払うために自らの体を傷つけつつ捕り方の群れに切り込んでいくクライマックス。再び宙を舞いまくる腕、脚、生首。この病的とも言える壮絶な美しさよ。'60年代に「網走番外地」シリーズを大ヒットさせ、'70年代にはエログロの巨匠と呼ばれた石井輝男監督の面目躍如たる強烈な殺陣です。しかしどんな狂気に満ちた映像を撮りながらでも、常にカメラの目線が冷静に感じられるのが石井作品の特徴であり面白いところですね。

'60年代から'70年代にかけて映画界全体の観客動員数の減少によって邦画各社は生き残りをかけての試行錯誤をし、異常性愛シリーズ等の所謂東映ポルノが誕生。本作もそんな東映ポルノ路線の一本だったわけですが、しかしそんな枠を超えてこれは見事なまでに石井監督らしいキワモノ的な、同時に見事な娯楽時代劇でありました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
はまりん
HP:
性別:
男性
管理者メニュー
カウンター
最新コメント
[11/24 はまりん(´▽`)y-~~]
[11/24 すくりん]
[05/07 はまりん(´▽`)y-~~]
[05/06 すくりん]
[04/10 はまりん]
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]